ポルティージョか?久保建英か?ヘタフェ×ウエスカ戦、『アス』もクボの先発を予想するが…

久保建英。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

前節のエルチェ戦、「このチームで最も才能ある」30歳が先発復帰で結果を残す。

[スペイン1部] ヘタフェ – ウエスカ/2021年1月20日(日本時間21日3:00)/コリセウム・アルフォンソ・ペレス

 スペイン1部リーグ、ヘタフェCF対SDウエスカ戦が日本時間21日3時から行われる。レアル・マドリードからヘタフェに期限付き移籍した日本代表MF久保建英と、ウエスカ岡崎慎司の対決実現なるか? 前節のエルチェCF戦(〇3-1)、新天地デビュー戦で2ゴールを演出した久保には、ヘタフェ初先発の期待も膨らむ。

 スペインメディア『アス』はこの試合の布陣予想で、久保が4-2-3-1の右MFで先発すると名前を挙げる。一方、岡崎はベンチスタートだと予想している。

 ただ記事では、ヘタフェはエルチェ戦、2試合ぶりに先発復帰したフランシスコ・ポルティージョが右MFで存在感を発揮し、1アシストを記録するなど活躍したことに触れる。「ヘタフェはカルレス・アレニャと久保建英の獲得により、より攻撃的になった。ただ、エルチェ戦のリーグ4試合ぶりの勝利は、このチームで最も才能豊かなポルティージョが先発復帰したことが大きかった」と、30歳のミッドフィルダーの活躍ぶりを評価している。

『アス』、『マルカ』と有力メディアがともに、この試合の久保の初先発を予想(推奨)している。とはいえ、やはり世界最高峰のタレントが集う4大リーグの一つ、ラ・リーガである。久保にとっては、まずチーム内の緊張感のあるポジション争いが待っている。

 ヘタフェのホセ・ボルダラス監督はウエスカ戦に向けた公式記者会見で、「(アレニャと久保)彼らはとても熱意を持っていて、満足しています。とても明確な特長を持っています。久保は1対1がとても強い。チームに高いクオリティとラストパスを供給してくれます。二人は様々なポジションでもプレーできるので、多くのことを助けてくれるはずです」と語っていた。

 ヘタフェはスペイン1部、5勝5分7敗(15得点・18失点)で暫定13位。一方、ウエスカは1勝9分8敗(14得点・28失点)の勝点12で20チーム中最下位。

注目記事:ヘタフェ久保建英が加入会見。マドリードが近づいたが?意地悪な質問に見事な切り返し

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads