久保建英の右サイド起用「選択肢の一つ」。土曜日バリャドリード戦、ヘタフェは不動のMFククレジャ不在

ヘタフェの久保建英。(C)Getty images

出場停止を受けて、クチョ、アレニャらも代役候補。

[スペイン1部]バリャドリード – ヘタフェ/2021年3月6日14:00(日本時間22:00)/エスタディオ・ホセ・ソリージャ

 スペイン1部リーグ、ヘタフェCFは日本時間3月6日22時から、レアル・バリャドリードとアウェーで対戦する。今季これまでリーグ全25試合(3得点・1アシスト)に出場してきた不動の左MFマルク・ククレジャが出場停止となるため、久保建英には5試合ぶりの先発出場の期待がかかる。

 久保と同じ左利きであるククレジャだが、これまで左サイド(左ウイング)を常に担ってきた。そのポジションには、『マルカ』はクチョ・エルナンデス、カルレス・アレニャ、アラン・ニョムの3人の中から選ばれるはずだと予想している。

 一方、右MFについて、久保の起用が「セルヒオ・ゴンサレス監督のチームとの対決に向けてコーチングスタッフが検討している選択肢の一つ」に挙がっているということだ。

 その左サイドとのバランス、相手との駆け引き、相性、選手のコンディション……ヘタフェのホセ・ボルダラス監督がそういった関係性からどのような決断を下すのか楽しみだ。

 一方、『アス』はククレジャの代わりに、久保、アレニャ、クチョ、そしてダビド・ティモールの4人がスタメン候補であると報じる。しかし、いずれもククレジャと似たようなパフォーマンスをできない点を課題に挙げている。

 久保はヘタフェでこれまでリーグ9試合に出場。しかし最近はレアル・マドリード戦から4試合連続途中出場で、直近の7試合ぶりの勝利を収めたバレンシアCF戦(〇3-0)では、わずか5分間の出場にとどまった。ククレジャ不在のチームのピンチを、19歳のレフティはチャンスに変えたい!

注目記事:「ホンダはポップコーンメーカー」ボタフォゴOBが本田圭佑のVIP席大量寄付に怒りの疑問符 

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads