×

本田圭佑がアゼルバイジャン到着、ネフチ・バクーと契約へ。同国リーグ現在1位

海外日本人

日本代表本田圭佑ネフチ・バクー

サカノワスタッフ

本田圭佑のアゼルバイジャン入りを伝える現地の『ネフチTV』。※『Neftci TV』より

カザフスタン、スウェーデンなども浮上したが――。

 元日本代表MF本田圭佑が3月13日、アゼルバイジャンの首都バクーに到着した。現地の『ネフチTV』がその様子を伝えており、このあと、メディカルチェックを経て、同国の強豪ネフチ・バクーと正式契約を結ぶことになる。

 日本代表としてワールドカップ(W杯)3大会連続でゴールを決めている34歳のレフティは昨年12月、ブラジル1部ボタフォゴFRを退団。そのあとポルトガル1部のポルティモネンセSCに加入すると本田とクラブが発表したものの、移籍期限の“勘違い”という初歩的なミスで、選手登録期限にぎりぎり間に合わなかった。そのため本田はフリートランスファーの立場になり、改めて新天地を探していた。

 そうしたなか、アゼルバイジャンやロシアのメディアが、本田のネフチ・バクー加入が具体的な話として進んでいると報道。「仲介人からの売り込みを受けて交渉が進められてきた。彼はプレーしたがっている」、「ほぼ合意している」などと伝えられてきた。

 またネフチ・バクーのサミル・アバソフ監督は3月8日、ケシュラFKに3-1の勝利を収めたあとの記者会見で、「ホンダはチームを落ち着かせられる選手で、様々なポジションでプレーできます。ほぼ合意しています。彼はここでシーズン終了まで、私たちのためにプレーしたいと思ってくれています。その後、夏に再び話し合うかもしれません」と語っていた。

 そうしたなかで、本田は9日、ニッポン放送の「本田圭佑『NowVoice』」に出演し、こうした報道が事実であると認めていた。

「代理人からオファーがある、という話はありました。すごいなと思っているのは、今回の報道は珍しくほぼズレがなく当たっています。真剣に検討しています。話を深いところまでしています。ただ、まだ最終決定はしていません」

 一方、ここ数日、カザフスタンやスウェーデンにも本田サイドから売り込みがあると、それぞれの現地メディアで報じられてきた。が、やはりネフチ・バクーが本命だったようだ。

 ネフチ・バクーは通算12勝3分4敗の勝点39で首位をキープ。3月14日のサバイルFK戦のあと、リーグ戦は4月5日までの小休止に入る。“Keisuke HONDA”にとって、8か国目の挑戦となる。

注目記事:【日韓戦決定】日本人選手の市場価格トップ10。1位久保建英、2位は…

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads