×

【日本代表】メンバー変更は?森保監督が豪州戦へ記者会見「我々次第で巻き返すチャンスある」。W杯アジア最終予選第4戦、必勝期す

日本代表の森保一監督。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

「厳しい状況に置かれていること、もちろん承知している」

[カタールW杯アジア最終予選 B組4節] 日本 – オーストラリア /2021年10月12日19:10/埼玉スタジアム

 カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のグループB第4戦、オーストラリア代表戦に向けて、日本代表(SAMURAI BLUE)の森保一監督が試合前日の公式記者会見で抱負を語った。

 これまでB組で日本は1勝2敗、わずか1ゴールしか奪えずにいる。そうした状況について、指揮官は次のように語る。

「W杯最終予選3試合を終えて厳しい状況に置かれているのは、もちろん承知しています。しかしながらW杯最終予選は厳しい試合の連続であると知っていたことです。これから我々次第で巻き返すチャンスはあります。W杯出場権獲得のため、明日の試合、勝利のために戦うことだけを考えています」

 出場停止明けの伊東純也の先発復帰が確実される。さらにメンバー変更はあるのか?

「これまでと考え方は変わらず、明日のオーストラリア戦に向けて、我々が勝つためにベストなメンバーを選びたいと思います。昨日と今日、ゲーム形式の練習をして、選手の動きを確認したうえで(最終的に)メンバーを決めたいと思っています。

 戦い方が変わっていないと見られるかもしれませんが、毎回、対戦相手の特長をできるだけ消していけるように、そしてマッチアップした時にどういったことが生まれるかを想定しています。今日の練習でも(対策を立て)、相手の良さを消しながら我々の良さを出していけるようにしていきます」

 また、オーストラリアの特長について、次のように語る。

「個々のフィジカルが強く、かつ技術的にも優れているチームだと思います。私の元同僚(97年からサンフレッチェ広島でともにプレー)でもある(グラハム)アーノルド監督は、戦術的にも非常に組織的に戦えるいいチームを作っていると思います」

 そして、この3連戦でなかなかいいパフォーマンスを発揮しきれずにいる要因として、「コンディション」を挙げてきた。ただ、この試合に向けて、指揮官は「選手たちは長旅の移動と時差があるなか、昨日(11日)の練習ではフィジカル的にも回復していて、メンタル的にもいい準備を見せてくれていたと思います」と手応えを得ていた。

 オーストラリアはサウジアラビアとともに3連勝中。W杯へのストレート突破を果たせる2位以内を狙うためには、ここで勝利を収めて、矢印を上向きに変えてみせたい。

【注目記事】
【豪州戦】日本代表、現実的スタメン予想。伊東復帰…入れ替えは2人、3人?

【日本代表】ロサーノ監督招へいに「現実味」。リーガMX拒否…メキシコ代表を率いて森保ジャパンに勝ち東京五輪銅メダル

日本人選手市場価格ランキングTOP20。3位久保建英、2位冨安健洋、1位は…

[文:塚越始]

 

Ads

Ads

×