レアル・マドリード久保建英の合宿2日目は嵐と雷で予定変更に

久保建英。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

トップチームの選手とパス回しの練習をこなしたあと…。

 スペイン1部リーグ、レアル・マドリードのMF久保建英が7月11日、カナダ・モントリオールでのキャンプ2日目、初日に続いてトップチームとともに練習を行った。しかし、まさかの展開が待ち受けていたようだ……。

 レアル・マドリードのクラブ公式ホームページでは、再び同日の練習動画を配信。久保がエデン・アザールやナチョらとパス回しをするシーンが映し出されていた。

 また、同公式ホームページによると、この日の午前練習は、ボールを使いながらのフィジカル強化を中心としたメニューをこなしたという。さらに、選手たちはボール回しなどで汗を流したものの、途中から降り出した雨が次第に強まって嵐となり、さらに雷も鳴り出したため、急きょ、屋内に移動。ジムでのトレーニングに変更されたそうだ。久保が嵐を呼ぶ男になったのか!? 

 レアル・マドリードはこのモントリオールでの合宿のあと、アメリカでの7年連続となる「インターナショナル・チャンピオンズ・カップ」に挑む。チームは21日日本時間9時からドイツ・ブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘン、同24日18時からイングランド・プレミアリーグのアーセナルFC、同27日8時30分からレアルと同じラ・リーガのアトレティコ・マドリードと対戦する予定だ。

 FC東京から完全移籍でレアル・マドリードに加入した久保だが、外国籍選手枠の関係もあり、2019-2020シーズンはまずカスティージョ(Bチーム)に登録され、スペイン3部リーグを主戦場にプレーすることになる。ただ、今回の合宿は、トップチームにカスティージョから選抜された久保ら4人が帯同。トップチームのジネディーヌ・ジダン監督のもと、インターナショナル・チャンピオンズ・カップで、久保の”レアルデビュー”を果たし、さらにはインパクトを残せるのか――注目が集まる。

関連記事:香川真司「7月15日」までに決断か。ベシクタシュに『最終期限』を伝える

[サカノワ編集グループ]

Ads

Ads