×

【G大阪】遠藤保仁「1000試合」の足跡。”1試合”はあの大会

トピックス・ニュース, Jリーグ

サカノワスタッフ

G大阪の遠藤保仁。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

全カテゴリーをチェック。J1・631試合、日本代表152試合…。

 ガンバ大阪のMF遠藤保仁が8月2日の21節・ヴィッセル神戸戦(△2-2)で、プロでの公式戦通算「1000試合」を達成した。まさに偉業。J2での33試合、FIFAクラブワールドアップでの3試合、そしてカップ王者対決のスルガ銀行チャンピオンシップの1試合……その一つひとつを積み重ねてきて到達した大記録だ。

 8月10日の次節サンフレッチェ広島戦では、1001試合目の出場を目指す。また、これまでのJ1歴代通算最多出場記録は楢﨑正剛氏(横浜フリューゲルス→名古屋グランパス)の631試合。遠藤はあと「10」に迫っており、果たして、今シーズン中の達成なるか。

 G大阪がまとめた、遠藤の1000試合の足跡は次の通り。

◆大会名/試合数/得点

J1リーグ/621/103
J2リーグ/33/5
J1CS(2015)/3/0
ルヴァンカップ/72/5
天皇杯/48/10
ゼロックススーパーカップ/6/0
FIFAクラブワールドカップ/3/0
ACL(本大会)/58/10
スルガ銀行チャンピオンシップ/1/0
A3チャンピオンズカップ(2006)/3/0
日本代表(国際Aマッチ)/152/15
――・――・――
合計/1000/148

 何より遠藤はフィールドプレーヤーでありながら、連戦や日本代表活動など休むことなく試合に出続け、しかも相手選手から国内外で厳しいチェックを受けながらも数多くのゴールをもたらしてきた。そのうえで達成した記録であることは特筆すべき点だ。

 プロ22年目、現在39歳。ヤットは、どこまでこの数字を伸ばすのだろうか。

関連記事:小野伸二、遠藤保仁、中村俊輔と”初共演”長谷部誠が明かした心が整わなかった「日本代表初招集」

[文:サカノワ編集グループ]

Topics:Gamba OSAKA MF Yasuhito ENDO played total 1000-games.

 

Ads

Ads