×

久保建英、次戦デビューか。初黒星のマジョルカ監督「厳しい戦いが待っているが、しっかり準備する」

久保建英のマジョルカへの期限付き移籍が決定。左がモランゴCEO。(C)RCD_Mallorca

ソシエダ戦、レアル・マドリーから期限付き移籍ウーデゴールの一撃で敗れる。

[スペイン1部 2節]マジョルカ 0-1 R・ソシエダ/2019年8月25日/イベロスター・エスタディ

 リーグ開幕2連勝を狙ったRCDマジョルカだが、レアル・ソシエダのノルウェー代表マルティン・ウーデゴールにゴールを決められ0-1で敗れた。レアル・マドリードからのレンタル移籍を決めたマジョルカの久保建英は、今回ベンチ外だった(ウーデゴールもレアル・マドリーからの期限付き移籍組)。久保の新天地デビューは最短で、9月1日のアウェーでのバレンシアCF戦となった。

 マジョルカは開幕のSDエイバル戦(〇2-1)で勝利を収めた先発11人が継続して起用された。そのメンバーで、今回2試合連続ホームで試合が組まれた”地の利”を生かしたかったが、1点が遠かった。

 マジョルカのビセンテ・モレノ監督は試合後の記者会見で、「この結果はもちろんネガティブに捉えていて、勝点3を加えたかったが1ポイントも得ることができませんでした。選手たちはすべてをピッチで表現してくれました。しかし最後のところでのミスにより失点を喫してしまいました」と悔やんだ。

 さらに指揮官は「ゴールを決めるチャンスはありましたが、もっとディテールにこだわる必要があります。そこでゲームが決まってしまいました」と、チャンスも作れていただけに、ゴール前でのクオリティを高めることをチームの課題に挙げていた。

「私たちはホームで非常に力を発揮しますが、アウェーでも変わらずできるところを見せつけたいと思います。厳しい試合になりますが、しっかりと準備して臨みます」

 22日に合流したばかりで間もない久保だが、ここからの1週間でチームメイトとの連係を高め、アピールすることができるか。3節のアウェーでのバレンシア戦は、現地時間9月1日(日本時間9月2日0:00)に行われる。昨季4位に入りUEFA欧州チャンピオンズリーグ(CL)の出場権を獲得した強豪だ。

関連記事:「ベルナベウからクボの魔法を奪うのか?」スペインでレアル久保建英を巡る議論が活発に

[文:サカノワ編集グループ]

Topics:Will Takefusa KUBO of RCD Mallorca debut on 1 September?

Error, group does not exist! Check your syntax! (ID: 29)

Ads

Ads