【日本代表スタメン予想】堂安、植田が起用濃厚。久保、橋本の元FC東京コンビも?

(C)SAKANOWA

W杯予選タジキスタン戦、2試合トータルでの攻撃陣全員起用も視野。欧州組の大量招集、タダでは返せない。

[カタールW杯 アジア2次予選3節] タジキスタン – 日本/2019年10月15日17:15(日本時間21:15)/パミール・スタジアム(ドゥシャンベ)

 カタールワールドカップ(W杯)アジア2次予選の第3戦、日本代表が10月15日、アウェーでタジキスタン代表と対戦する。FIFAランキングは日本が31位、タジキスタンが115位。日本のスタメンでは、前線にモンゴル戦で出番のなかった堂安律、そして冨安健洋の負傷離脱に伴うCBには植田直通が起用される可能性が高まっている。

 スタメン予想の顔触れは、結果的にこの試合に向けた「こんな布陣が見てみたい」企画で挙げた案とほぼ同じになった。

 今回の10月シリーズは親善試合がなく、W杯予選の公式戦2試合のみが組まれた。森保一監督は10日のモンゴル戦(〇6-0)から先発メンバーについて、(1)ほぼ変更しない(2)ある程度変更する のどちらかを選択することになる。9月シリーズはパラグアイ代表との親善試合を経て、ミャンマー代表とのW杯予選(公式戦)初戦に臨む形で、2試合とも「ベスト」で臨んだ。

 今回は公式戦2連戦である。とはいえ、基本的に日本とは力の差のある相手との対戦が続く。チーム内の競争を煽る、と言うよりも、欧州からの長旅で来ている多くの選手をタダでチームに返すわけにはいかない、という事情もあるはず。だから、後者を選択するのではないかと予想される。

 堂安のプライドをこの段階で必要以上にくすぐる必要もない。モンゴル戦の欠場で、「そろそろ結果を出せよ」と尻を叩いた形にはなったが、このタジキスタン戦、そのエネルギーを上手く発散させる機会にしたい。

 久保に関しても重圧の掛かる「初先発」を、今回のある意味、日本やスペインと比べて雑音が少なく試合に集中できるアウェーゲームまで取っておいたのではないか。久保はこの日本代表の活動のあと、19日にはRCDマジョルカの一員としてホームでのレアル・マドリード戦を控えている。

 その直近のこの遠征で、招集しながら起用しなかったとなれば、マジョルカからも、レアル・マドリードからも、あるいはスペイン中から、なぜ呼んだのかと指摘されかねない……。問題をそこまで拗らせることを、森保監督も望んではいないはず。コンディションに問題さえなければ、いずれにせよチャンスは与えられるはずだ。

 すると、あとは浅野拓磨のカードを切れれば、攻撃陣を全員起用することになる(ただ、コパ・アメリカでの松本泰志のように”サンフレッチェ広島組”を使わないことは見受けられる[他に不出場だった渡辺皓太はケガ明けだった])。そのあたり、森保監督のマネジメント力の高さとも言える。が、そんな平等にチャンスを与える、ということはしないか?

 そういった意味で、9月シリーズ2戦に先発して高評価だった橋本拳人の起用も大いにあり得る。ただ、モンゴル戦でボランチとして活躍した遠藤は、まだまだこの90分間では物足りない、と言わんばかりのエネルギッシュなプレーを見せていた。

 Jリーグで現在ナンバー1とも言えるボランチの橋本か、それともシュツットガルトでは1試合も出ていないがポテンシャルは日本代表でも屈指の遠藤か――。指揮官がどちらを起用するのか、その選択は注目の一つである。

 さらに、モンゴル戦で軽い捻挫をしたという酒井は無理をさせないか。ポジション取りへの貪欲さを人一倍剥き出しにして見せている安西が先発すれば、チーム内の新たなうねりを生み出すような役割も期待できる。

 これまでカタールW杯アジア2次予選、2連勝同士の対戦となる。タジキスタン代表対日本代表は10月15日、日本時間の21:15キックオフだ。

【関連記事】
【日本代表】24選手「市場価格」ランキング。12億円の久保建英は何位?鎌田大地は4位

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads