【欧州CL】ガラタサライは長友が先発予想。レアルはアザール、クロース戦列復帰

長友佑都。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

しかしトルコ王者はエースのコロンビア代表FWファルカオが欠場に…。

[欧州CL GS3節] ガラタサライ – レアル・マドリード/2019年10月22日22:00(日本時間4:00)/チュルク・テレコム・アリーナ

 UEFA欧州チャンピオンズリーグのグループステージ3節、トルコリーグ2連覇中の王者ガラタサライSKが10月22日、「白い巨人」スペイン1部リーグ(ラ・リーガ)のレアル・マドリードをホームに迎え撃つ。

『フットメルカート』『オンゼ』などフランスメディアは、この試合について詳しくプレビュー。まず、ガラタサライは長友佑都の左サイドバックとしての先発出場が濃厚ということだ。一方、エースのラダメル・ファルカオがアキレス腱を傷めているため遠征にも帯同せず、欠場することになった。元オランダ代表FWライアン・バベル、ルーマニア代表FWフロリン・アンドネらの奮起が期待される。

 また、レアル・マドリードは、直近のリーグ戦では18位に沈んでいた久保建英が期限付き移籍するレアル・マジョルカに、アウェーで0-1と敗れ今季初黒星を喫した。これでFCバルセロナに抜かれて2位に転落している。しかもマヨルカ島への遠征を経て、さらにトルコ・イスタンブールに渡るという非常にタフな移動と日程をこなさなければいけない。

 さらにケガ人が多発しており、今回もガレス・ベイルらは欠場。その一方で、ドイツ代表MFトニ・クロース、ベルギー代表FWエデン・アザールが戦列復帰を果たしている。また『フットメルカート』によると、左サイドバックにはマルセロではなく今季加入したフランス代表DFフェルランド・メンディが起用される見込みということだ。

 ロシア・ワールドカップ(W杯)の日本代表対ベルギー代表戦(●2-3)では、アザールが別格の存在感を見せつけた。今回クラブ同士の最高峰の舞台で実現する長友対アザールの対決にも注目したい。

 試合は現地時間の22日22時、日本時間23日4時から行われる。

関連記事:【移籍情報】香川サラゴサが緊急補強!原口元同僚の大型ブラジル人FWと交渉

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads