【日本代表ベネズエラ戦】こんな布陣を見てみたい。森保監督4バック明言、永井&鈴木の2トップ、さらに古橋や浅野も絡めたい

(C)SAKANOWA

室屋、車屋、佐々木…サイドバックの人選も注目点の一つに。

[キリンC杯] 日本 – ベネズエラ/2019年11月19日19:25/パナソニックスタジアム吹田

 キリンチャレンジカップ(親善試合)の日本代表対ベネズエラ代表の一戦が11月19日、パナスタで行われる。14日のカタール・ワールドカップ(W杯)2次予選のキルギス戦(〇2-0)から欧州組と国内組の9人を入れ替えてチームの底上げを図る。

 森保一監督は試合前日の記者会見で、「キルギス戦のメンバーを軸に考えている」「4バックでスタートする」と明言した。

 それだけに、このメンバーが起用される可能性は低いかもしれないが……。試合途中からでも、ぜひ実現してもらいたい布陣を考えてみた。

 まず、見てみたいのが鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)&永井謙佑(FC東京)の2トップだ。4-2-3-1が基本布陣だが、今回のメンバーであれば2トップのほうがよりボールを引き出すことができそうで、何より爆発力も期待できる。国内組の意地も見せたいところだ。オナイウ阿道(大分トリニータ)にもチャンスはあるか。

 今回、古橋亨梧(ヴィッセル神戸)と浅野拓磨(パルチザン・ベオグラード)は「MF」で登録されている。いずれも4-2-3-1のサイドハーフを想定したものであると分かる。どちらかが先発の座を射止めるのではないか。

 また、ボランチには、久々に代表に復帰した大島僚太(川崎フロンターレ)を起用できないだろうか。ボランチの攻撃面への関与の低さがこのチームの課題であるだけに、その突破口を見出すキーマンになれるはず。パートナーに守備力のある橋本拳人(FC東京)を組ませれば、非常に安定感も出て、大島の特長も生きそうだ。

 そしてサイドバックも注目点の一つ。長友佑都(ガラタサライJK)と酒井宏樹(オリンピック・マルセイユ)を脅かす、勢いのあるタレントが求められる。室屋成(FC東京)、車屋紳太郎(川崎)、そして佐々木翔(サンフレッチェ広島)には、突き抜けるようなプレーを期待したい。

関連記事:【日本代表】「市場価格」ランキング。進藤、車屋が5位に食い込む

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads