フィテッセ本田デビュー!現地メディアの評価は?「創造性が失われていた」

フィテッセの本田圭佑。※フィテッセ公式ツイッターより(@MijnVitesse)

トップ下で81分までプレー。チームは4連敗を喫す。

[オランダ1部 14節]  スパルタ 2-0 フィテッセ /2019年11月24日(日本時間25日0:45)/スパルタ・スタディオン・エト・カステール

 オランダ1部リーグ(エールディビジ)のフィテッセに加入した元日本代表MF本田圭佑が11月24日、アウェーでのスパルタ・ロッテルダム戦で先発し、新天地デビューを果たした。81分までプレーして決定的なシュートを放ったものの止められるなど、チームは0-2で敗れた。

 本田は4-2-3-1のトップ下に入り、セットプレーのキッカーも担当(敵陣の右サイドから前半2本放った)。メルボルン・ビクトリー退団後、実戦から約6か月経っていてが、フィジカルの強度は高く、ボールを失うシーンはほとんどなかった。

 後半にサイドを打開したあと、左足のインサイドでしっかりコントロールした決定的なシュートを放ったが……これはGKのファインセーブに阻まれてしまった。

 オランダメディア『VZ.』はこの日の本田に関し、「本田の登場は、フィテッセの復活につながらず」と題したレポートを掲載した。

「Keisuke HONDAのデビュー戦として注目を集めたこの試合、前半はアウェーチームの動きが遅く、本田が加わったにもかからず創造性を欠いていた」と、前半は見せ場も限られた。一方、後半に入ると、「エールディビジ復帰後の本田にとって、最初のビッグチャンスは後半開始からの10分に訪れた」と決定機を作ったシーンに触れ、「ハーフタイムを挟んでペースは上がり、エンターテイメントとしての価値を提供した」と評価している。

 結局、本田がベンチに退いたあとに1点を追加され、フィテッセは0-2で敗れてしまった。フィテッセはこれでリーグ4連敗を喫し、7勝2分5敗(24得点・21失点)の勝点23で5位。ヴィレムⅡ、FCユトレヒトと勝点で並んでいる。

関連記事:東京五輪へ本田が久保、堂安を語る「むしろ共存しやすい左利き同士」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads