マリノス対FC東京「久保ダービー」を経て「TAKE」がバルセロナに初めて挑む

久保建英がチョコレートプラネット「TT兄弟」と「T」パフォーマンス。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

遠征メンバー入り。5試合連続スタメンなるか。

[スペイン1部 15節] バルセロナ – マジョルカ/2019年12月7日21:00(日本時間8日5時)/カンプノウ

 スペイン1部リーグ(ラ・リーガ)、FCバルセロナ対RCDマジョルカの一戦が現地時間12月7日21時、日本時間の8日午前5時から、カンプノウで行われる。マジョルカのMF久保建英が下部組織(カンテラ)でプレーした”古巣”に帰還する初めての一戦となる。久保は遠征メンバー入りが発表されており、5試合連続でのスタメン出場を狙う。

 J1リーグは、はからずも横浜F・マリノス、そしてFC東京と久保の所属した2チームが最後まで激しいデッドヒートを繰り広げた。結果、昨季終盤にレンタル移籍して自身初のトップリーグ(J1)でのゴールを決めた横浜FMが、FC東京を3-0で下して優勝を決めた。今季前半戦、久保が攻撃を牽引したFC東京だったが、終わってみれば18歳になったMFの退団後、二度の3連勝はあったものの黒星も増えるなど爆発力を欠いてしまった。

 そして横浜FMの優勝が決まった同日、久保が憧れてきたカンプノウのピッチに立つ。しかも、スペイン滞在時からアスリートとして最も尊敬してきたというアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと対峙することになる。

 また、マジョルカも、これまでリハビリを務めてきたコロンビア代表FW、20歳のクチョ・エルナンデスが負傷から復帰して今回の遠征に帯同している。久保との共演なるか――。マジョルカのビセンテ・モレノ監督も試合前日の公式記者会見で、「久保はいつもやる気を見せてくれていますが、カンプノウに向かいそこでプレーすることにエキサイトしているはずです」と期待を寄せている。

 バルセロナは10勝1分3敗(36得点・16失点)の勝点31で首位、一方、マジョルカは4勝2分9敗(14得点・23失点)の勝点14で17位に低迷。久保はこれまで12試合1得点・2アシストを記録している。

 久保が憧れの舞台で、インパクトを残すことができるか――。 

 両チームの招集メンバーは次の通り。

▽バルセロナ
GK
1 テア・シュテーゲン
13 ネト
DF
3 ジェラール・ピケ
6 ジャン=クレール・トディボ
15 クレマン・ラングレ
16 ムサ・ワゲ
20 セルジ.ロベルト
23 サミュエル・ユムティティ
24 ジュニオール・フィルポ
MF
4 イヴァン.ラキティッチ
5 セルヒオ・ブスケツ
19 カルレス・アレニャ
21 フレンキー・デ・ヨング
22 アルトゥーロ・ビダル
27 カルラス・ペレス
FW
9 ルイス・スアレス
10 リオネル・メッシ
17 アントワーヌ・グリーズマン

▽マジョルカ
GK
1 マノロ・レイナ
13 ファブリシオ・アゴスト
DF
2 ホアン・サストーレ
15 フラン・ゴメス
5 フランシスコ・カンポス
24 マルティン・ヴァルイェント
21 アントニオ・ライージョ
20 アレクサンダル・セドラル
MF
12 イドリス・ババ
8 サルバ・セビージャ
14 ダニエル・ロドリゲス
23 アレックス・フェバス
4 ジョセップ・セネ
26 久保建英
FW
20 クチョ・エルナンデス
22 アンテ・ブディミル
9 アブドン・プラッツ
19 パブロ・チャバリア

関連記事:マルティノスが横浜FMの優勝に「本来、浦和がやるべきサッカー」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads