【J1参入決定戦】徳島先制!バイス魂のブロック!湘南は個で上回っているが…

徳島が先制したが……。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

鈴木徳真ボレー弾。両チームともにゴール前へ迫る展開。

[J1参入PO決定戦] 湘南 – 徳島/2019年12月14日13:00/Shonan BMWスタジアム平塚

 J1参入プレーオフ( PO )決定戦の湘南ベルマーレ(J1・16位)対徳島ヴォルティス(J2・4位)は、20分に鈴木徳真がゴールを決めて、アウェーチームが先制に成功した。試合は90分で、延長戦なし。湘南は引き分け以上でJ1残留、徳島はJ1昇格のためには勝利が必須となる。このまま徳島が勝てば6年ぶりのJ1昇格、湘南の3年ぶりのJ2降格となる。

 試合は立ち上がりに湘南、そして徳島とそれぞれが主導権を握る目まぐるしい展開に。両チームともにゴール前へ迫るものの、決定機をなかなか作れない。

 そうしたなか、徳島はコーナーキックを続けて獲得し、次第に湘南ゴールに迫る。迎えた20分、野村直輝のキックを石井秀典が折り返し、鈴木が右足ボレーでねじ込む。勝利にはゴールが必須の徳島が、待望の先制点を叩き込んだ。

 その後もそれぞれがゴール前までボールを運ぶ展開が続く。そうしたなか、徳島のヨルディ・バイスは渾身のブロックでゴールを割らせない。一方、湘南はU-20日本代表としてU-20ワールドカップにも臨んだ齊藤未月、鈴木冬一、そして前徳島の山﨑凌吾ら「個」では徳島を上回っているが、なかなか連動しない。それぞれが奮闘しているものの、ゴールを攻略する意図を共有できずにいる。

 試合は徳島の1点リードのまま、後半に突入。湘南はクリスランを投入している。

関連記事:【中国紙】日本戦完敗に「恥」、橋岡への飛び蹴りは「彼の頭が足に当たった」と弁明

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads