【U-22日本代表こんな布陣を見てみたい】バルサ安部&前田大然&岩崎悠人のトライアングルはどうか!?

(C)SAKANOWA

一美の最前線起用も面白そう。3バックか4バック、基本布陣の決断を下す機会にもなるか?

[キリンC杯] 日本 – ジャマイカ/2019年12月28日19:20/トランスコスモススタジアム長崎

 キリンチャレンジカップ(親善試合)のU-22日本代表対U-22ジャマイカ代表戦が12月28日、トランスコスモススタジアム長崎で行われる。日本代表とこの東京五輪代表チームを兼任する森保一監督は、どのような形で2019年を締めくくるのか。東京オリンピックイヤーへ――内容を伴った勝利で新年を迎えたい。

 この世代の主力と言える、堂安律(PSV)、久保建英(RCDマジョルカ)、冨安健洋(ボローニャFC)らは不在。一方、夏に鹿島アントラーズからFCバルセロナBに移籍した安部裕葵、松本山雅FCからポルティモネンセへと渡った前田大然が久々に帰国を果たしており、彼らや国内組が即興的に融合するなか、なかなか噛み合わずにいる3-4-2-1で一つ結果を残せるかがポイントになる。もしくは指揮官が4-2-3-1に変えてくるか?

 3-4-2-1であれば、前線に、安部、前田、さらに北海道コンサドーレ札幌でミシャスタイルのシャドーの動きを徹底的に沁み込ませてきた岩崎悠人のトライアングルは、どうだろうか。それぞれの個性が上手く噛み合えば強力な爆発を起こしそうなだけに、ぜひ見てみたい。

 そこに高さのある一美和成(京都サンガF.C.)を加えてみても(そのまま入れて4-2-3-1、交代をして3-4-2-1……どちらでも)、相乗効果が期待できて面白そうだ。

 森保監督は3-4-2-1にどこまでこだわり、磨き上げていくのか。それとも4バックに切り替えるのか。今回も安部をはじめ、U-20ワールドカップの主力だった瀬古歩夢(C大阪)、小林友希(FC町田ゼルビア)ら4バックで力を発揮してきた選手が数多くいる。限られた時間で結果を残すという作業は今後も続く。そう考えると、3バックか、4バックか――基本布陣の見極めが問われる一戦にもなりそうだ。

 チケットはすでに完売。さだまさしさんが試合前の国家独唱を行う。試合の模様は日本テレビ系列で中継される。

 U-22日本代表メンバーと背番号は次の通り。

◆U-22日本代表メンバー◆
GK
1 山口瑠伊(エストレマドゥーラUD)
12 谷 晃生(ガンバ大阪)
23 小久保玲央ブライアン(ベンフィカ)
DF
2 岩田智輝(大分トリニータ)
3 中山雄太(ズウォレ)
15 瀬古歩夢(セレッソ大阪)
20 小林友希(FC町田ゼルビア)
21 岡崎 慎(FC東京)
22 大南拓磨(ジュビロ磐田)
MF
4 鈴木冬一(湘南ベルマーレ)
5 杉岡大暉(湘南ベルマーレ)
6 長沼洋一(愛媛FC)
7 三笘 薫(筑波大学)
8 高 宇洋(レノファ山口)
10 安部裕葵(バルセロナ)
11 旗手怜央(順天堂大学)
13 岩崎悠人(北海道コンサドーレ札幌)
14 東 俊希(サンフレッチェ広島)
16 福田湧矢(ガンバ大阪)
17 松本泰志(サンフレッチェ広島)
18 松岡大起(サガン鳥栖)
FW
9 前田大然(ポルティモネンセ)
19 一美和成(京都サンガF.C.)

関連記事:バルセロナ安部裕葵が両足キャノン2得点!「クレのヒーローだ」と地元メディア絶賛

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads