残留争い大一番、マジョルカ久保建英が4試合ぶり先発予想「『決勝』ではない」とモレノ監督強調

久保建英。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

勝点3差の最下位エスパニョール戦。アウェー初勝利を今度こそ!

[スペイン1部 23節] エスパニョール – マジョルカ /2020年2月9日(日本時間同20時)/エスタディ・コルネリャ=エル・プラット

 スペインリーグ(ラ・リーガ)1部、17位のRCDマジョルカが2月9日(日本時間同20時)、アウェーで最下位20位のRCDエスパニョールと対戦する。両チームの勝点差はわずか「3」。1部残留を懸けた大一番になる。スペインメディア『マルカ』はこの試合のスタメン予想で、マジョルカのMF久保建英が4試合ぶりに先発するのではないかと報じている。

 久保は年明け1月5日のアウェーでのグラナダCF戦でフル出場したものの、0-1で敗れたあと、カップ戦1試合でメンバー外、リーグ戦では3試合連続ベンチスタートとなっている。最初にリーグ戦で先発を外れたバシンシアCF戦でマジョルカが4-1と完勝して久保の立場も危うくなったが、ただ、結局そこからチームは2連敗を喫してきた(レアル・ソシエダ戦0-3/アウェー、レアル・バリャドリード戦0-1/ホーム)。そこで今回、久保が先発起用されれば、悪い流れを変える役割が求められる。同時にレギュラーの座を再び掴み取るチャンスになる。

 マジョルカは5勝3分14敗(22得点・38失点)で17位。久保はこれまで19試合1得点・2アシスト。13節のビジャ・レアル戦(〇3-1)以来のゴールなるか。

 一方、エスパニョールは3勝6分13敗(18得点・40失点)で最下位20位。

 1部残留を懸けた重要な一戦になるが、マジョルカのビセンテ・モレノ監督は試合前の記者会見で、「もちろん大切な試合で勝ちに行くが、決して『決勝戦』ではない。このあとも試合が続いていく」と、降格決定戦のような雰囲気に、冷静さを求めている。

マルカ紙のスタメン予想は次の通り。

▽先発
GK
1 マノロ・レイナ
DF
3 ルーマー・アグベニュー
5 フランシスコ・カンポス
24 マルティン・ヴァルイェント
15 フラン・ゴメス
MF  
12 イドリス・ババ
8 サルバ・セビージャ
11 ラゴ・ジュニオール
14 ダニエル・ロドリゲス
26 久保建英
FW
22 アンテ・ブディミル

関連記事:久保建英が振り返るレアル・マドリーとの初対決「ヴィニと挨拶したり最初は違和感だらけ」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads