【浦和】新加入FWレオナルド2得点デビュー「全大会で得点王を狙う」

浦和のレオナルド。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

基本はチームプレー重視。プレッシングの貢献度も高く、大槻監督からは「守備をしすぎなくていいぞ」。

[ルヴァン杯 GS1節] 浦和 5–2 仙台/2020年2月16日/埼玉スタジアム 

 今季アルビレックス新潟から浦和レッズに加入したFWレオナルドが、2020シーズンのチームファーストゴールを奪うとともに、2得点・1アシストの活躍を見せ、5-2の勝利に貢献した。

 大槻毅監督のもと4-4-2の新布陣を採用した浦和は、9分、右MFの関根貴大のパスから、2トップの一角に入ったレオナルドがしっかミートして先制に成功する。

 さらに杉本健勇の豪快なミドルショットで追加点を奪取。そのあとの35分、汰木康也から、駆け上がった山中亮輔につなぎ、そのクロスにレオナルドが合わせ、自身2ゴール目を奪ってみせる。

 さらに78分には、レオナルドがゴール前でボールを収めてDF二人を引き寄せて左へ展開。フリーで持ち上がったマルティノスのゴールをアシストした。

 レオナルドは試合後、「もちろん毎試合ゴールを決めたいけれど、一番重要なのはチームプレー。最終的にチームが勝利を収められて嬉しいです。(自信を深めたのでは?)このようなデビューを飾れて、いいシーズンを過ごせるはずだという自信をつけられました」と、結果を残せて安堵するとともに、J1でも戦えるはずだと、より自信を深めていた。

 また、2トップを組んだ杉本との関係について、次のように振り返った。

「(興梠)慎三とは異なり、フィジカルを生かしてボールをキープするタイプ。距離感を大事にして、より近くにいることで、コンビネーションから崩せると思いました。互いにサポートし合えればと思います」

 さらには守備面の貢献度も高かった。プレスを怠らず、キャンプ中には大槻毅監督も「守備をしすぎなくていいぞ!」と声を掛けたという。 

 ちなみにハットトリック達成のかかったPKを蹴りたそうにしていたが、キッカーは杉本が務めた。PKキッカーは「監督の指示」だったそうだ。

とはいえ、ルヴァンカップでの得点王へ――。いきなりそんな期待の声も高まる。

「2点を決められて、シーズンに向けて自信を深められました。参加するすべての大会で得点王になりたい。最もたくさんの観客が集まるスタジアム。サポーターの熱をさらに感じていきたいです」

 浦和の「45」番、レオナルドは笑顔を浮かべて、そのように意欲を示した。来週はJ1リーグが開幕を迎える。2018年のJ3、2019年のJ2、そしてJ1――全カテゴリーでの得点王達成なるか。レオが埼スタで、幸先良い出発を果たした。

関連記事:【浦和】DF陣の目標は「走行距離12キロ」。槙野智章「ビルドアップにより加わっていきたい」

[取材・文:塚越 始]

Posted by 塚越始

Ads

Ads