【清水】タイ代表FWティーラシンに第2子の男の子が誕生「近くにいられず少し心配でした」

清水のサポーター。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

今季Jリーグ”復帰”、開幕のFC東京戦でゴール。「二人とも元気で安心。早く会えることを願っています」

 J1リーグの清水エスパルスはこのほど、タイ代表FWティーラシン・デーンダーに第ニ子が誕生したと発表した。

 男の子で、2020年4月20日午後2時31分 (タイ時間:午後0時31分)に誕生した。ティーラシンは「二人目の子供が無事に生まれてきてくれました。とても嬉しく、ワクワクしています。近くにいることができなかったので、少し心配でしたが、妻が頑張ってくれて、二人とも元気で安心しました。早く会えることを願っています」とコメントしている。

 ティーラシンは1988年6月6日生まれ、31歳。タイのバンコク出身。181センチ・76キロ。タイ代表通算99試合・43得点を記録している。

 これまでムアントン・ユナイテッド、UDアルメニアなどでプレー。2018年にサンフレッチェ広島に移籍、昨季ムアントンに復帰したあと、今季、清水に加入した。FC東京との開幕戦ではゴールを決めたものの1-3で敗れている。J1リーグ通算33試合・7得点。

 新型コロナウイルスの感染拡大によってJリーグは現在中断中で、スケジュールは「白紙」となっている。

関連記事:ジダン監督が久保の「レアル復帰」も選択肢に。ただ最優先は…

[文:サカノワ編集グループ]

Topics:Thai national team member Teerasin Dangda’s second child was born.

Ads

Ads