【横浜FM】配布予定だったお貸しをこども食堂やフードバンクなどに寄贈

横浜マリノス株式会社と株式会社ツクイから寄贈されるお菓子。(C)横浜F・マリノス

3月の川崎戦で予定していたオリジナルハイチュウ2万7000個を、ホームタウンの横浜市、横須賀市、大和市へ。

 横浜マリノス株式会社(横浜F・マリノス)とオフィシャルパートナーである株式会社ツクイ(本社:神奈川県横浜市港南区、高橋靖宏社長)はこのほど、延期になった3月14日のJ1リーグ4節・川崎フロンターレ戦(ツクイ創業50周年DAY)で来場者に配布予定だったお菓子を有効利用できないかと話し合った結果、 行政・社会支援団体を通じて、こども食堂やフードバンクなどに寄贈すると発表した。

 寄贈先と寄贈品は以下の通り。

◆寄贈先◆ 
・大和市(神奈川県大和市)
(児童クラブなどへの寄付となります)
・社会福祉法人 横浜市社会福祉協議会
(神奈川県横浜市中区)
・社会福祉法人 横須賀市社会福祉協議会
(神奈川県横須賀市)
・公益社団法人フードバンクかながわ
(神奈川県横浜市金沢区) 

◆寄贈品◆
オリジナルハイチュウ 
27,000個

関連記事:夏のコロナ禍Jリーグ、夜開催で大丈夫?午前中開催はどうか!?村井チェアマンに訊く。無観客試合を回避するならば…

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads