【名古屋】ランゲラックが全体練習に合流「誰しも感染の可能性はあると思います」

名古屋のランゲラック。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

金崎夢生の全体練習への合流日は未定。

 J1リーグの名古屋グランパスエイトは6月22日、ランゲラックが全体練習に合流したと発表した。金崎夢生の全体練習への合流日は未定となっている。

 金崎が2日、ランゲラックが7日(検査は6日)に新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出て、それぞれ愛知県内の病院に入院していた。

 ランゲラックは22日の練習後、クラブを通じて次のようにコメントしている。

「このたびは、ファミリーの皆さまをはじめ、たくさんの方々にご心配をおかけいたしました。

 療養中にもたくさんの方々からメッセージをいただきました。ありがとうございます。また医療従事者の皆さまには感染リスクのあるなか、治療にあたっていただき本当に感謝しています。

 今日から全体練習に復帰となりましたが、素直に嬉しく、改めて仲間たちとサッカーができる楽しさや幸せを感じました。

 私は無症状での陽性判定となりましたが、誰しも感染の可能性はあると思います。引き続き、感染対策に努め、再開が決まったリーグ戦に向けて限られた時間の中、調整に集中していきたいです」

 名古屋は7月4日18時00分から、IAIスタジアム日本平での清水エスパルス戦でリーグ再開を迎える。続いて8日19時30分から、ホームでガンバ大阪と対戦。その2試合がリモートマッチ(無観客試合)で開催される。

 その後、一部観客動員が認められる予定で、12日19時からはアウェーでのセレッソ大阪戦、18日18時からはホームの豊田スタジアムでのサガン鳥栖戦が組まれている。

関連記事:【名古屋×岐阜】相馬勇紀の突破からPK獲得、阿部浩之が決める!

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads