ポルト優勝記念の集合写真。中島翔哉の姿は

ポルトがインスタグラムで優勝記念の集合写真をアップしたが…。※インスタグラムの@fcportoより

セルジオ・コンセイソン監督が配信した優勝者リストに「Shoya NAKAJIMA」の名前なし。

 ポルトガルメディアの『マイス・フッチボル』は8月3日、ポルトガル1部リーグとポルトガルカップの今季2冠を達成したFCポルトがSNSで公開した優勝記念の集合写真に、負傷リハビリ中のマルカーノ、そして中島翔哉が不在であったことを報じた。

 エスタディオ・ド・ドラゴンでのリーグトロフィー、ポルトガルカップ、それぞれを置いての2枚の集合写真。満面の笑みを浮かべる選手とスタッフの中に、やはり中島の姿はなかった。

 記事では改めて中島について、「この日本人選手は新型コロナウイルスの影響によって中断明けは練習に参加できず、セルジオ・コンセイソンの選択肢から除外された。中島翔哉はリーグ戦では16試合に出場しているものの、タイトル獲得の祝勝会には参加していなかった」と触れている。

 さらに、セルジオ・コンセイソン監督が自身のSNSのツイッター(アカウントは @CoachConceicao)で、このシーズンをともに戦ったポルトの選手たちのリストを紹介する動画をアップ。各選手の名前が字幕となって紹介されるなか、なんと「Shoya NAKAJIMA」の名前はそこに出てこなかった。

 中島はリーグ16試合、カップ戦4試合など、今回の2冠に少なからず貢献している。その選手を指揮官が“無視”するという行為に、さすがにSNS上では批判の声も上がっている。

 また、クラブの社長は中島が精神的に苦しんでいることを明かす一方、来季に向けた放出を否定。2020-21シーズンには戻ってくるはずだと期待を寄せている。

 様々な憶測が伝えられてきた。しかし、やはり指揮官と中島の間に亀裂が生じていて、修復できそうにない状況にあるのだろうか……。

関連記事:「中島翔哉の件は説明が難しい。問題は…」ポルト会長が明かす直接会話の内容とは?

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads