【日本代表スタメン&展望】4-2-3-1採用、久保建英が先発、大幅7人変更。鈴木武蔵、伊東純也、鎌田大地ら抜擢

コートジボワール戦での日本代表の先発布陣。(C)SAKANOWA

中山雄太が2試合連続スタメン。ラゴ・ジュニオールは控え。

[国際親善試合] 日本代表 – コートジボワール代表/2020年10月13日16:45(日本時間23:45)/オランダ・ユトレヒト

 日本代表(SAMURAI BLUE)が10月13日、オランダ・ユトレヒトでコートジボワール代表と国際親善試合で対戦する。FIFAランキングは日本が28位、コートジボワールが60位。直近9日の試合で、コートジボワールは同1位のベルギー代表と1-1で引き分けている。日本もカメルーン代表とスコアレスドローだった。

 森保一監督は試合前日の記者会見で「数人程度」のスタメン変更を明言していたが、蓋を開けてみると、大幅7人が入れ替わった。

 注目の久保建英が先発を果たす。さらに第1戦で活躍した伊東純也、ベルギーで活躍中の鈴木武蔵、アイントラハト・フランクフルトでブレイクした鎌田大地ら楽しみタレントがスターティングランナップに名を連ねた。

 2試合連続のスタメンは、吉田麻也、冨安健洋、柴崎岳、中山雄太の4人

 システムは4-2-3-1で、左サイドバックにカメルーン戦はボランチだった中山、左サイドハーフに久保が入っている。鎌田がトップ下。

 一方、コートジボワール代表は、アーセナルFC所属のニコラ・ペペ、パルマ・カルチョのジェルビーニョ、クウェートで活躍するジュマ・サイード、さらにベルギー戦でPKによる同点ゴールを決めているACミランのフランク・ケシエらが先発。昨季RCDマジョルカで久保とチームメイトだったラゴ・ジュニオール、CFクリスティアン・クアメは控えに回っている。

 コートジボワールはカメルーンと遜色ないタレントが揃っている。日本としては、強度の高い立ち上がりの攻防で後手に回らず対応したい。若い選手が多いだけに試合開始から勢いを付けられるか。付けられなければ素早く微修正しながら対抗策を練りたい。

注目記事:【日本代表】こんな布陣を見てみたい。久保建英と三好康児の共存へ様々な試行錯誤を。南野拓実との相乗効果は?

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads