【日本代表】“アントラーズライン”柴崎岳のFKに植田直通がヘッドで合わせ初ゴール決勝弾!「もともと鹿島でやっていたので、本当にいいゴールでした」

コートジボワール代表戦の後半アディショナルタイム、日本代表の植田直通が国際Aマッチ初ゴール!写真:日本サッカー協会/(C)JFA

コートジボワール戦、ほとんどチャンスはなかったがワンチャンスをものにする。

[国際親善試合] 日本代表 1–0 コートジボワール代表/2020年10月13日/オランダ・ユトレヒト

 日本代表(SAMURAI BLUE)が後半アディショナルタイム、植田直通の国際Aマッチ初ゴールで、コートジボワール代表に1-0の勝利を収めた。植田は試合後のメディア対応で、「岳くんとは、もともと鹿島でやっていたので、本当にいいゴールでした」と喜んだ。

 FIFAランキングは日本が28位、コートジボワールが60位。直近9日の試合で、コートジボワールは同1位のベルギー代表と1-1で引き分けている。日本も同53位カメルーン代表とスコアレスドローだった。

 新型コロナウイルスの影響を受けて、約1年ぶりの日本代表の活動再開。史上初めて、ヨーロッパ組によるメンバー編成となった。10月9日のカメルーン戦から中3日、スタメンは7人が入れ替わった。

 システムは4-2-3-1を採用。注目の19歳、久保建英は左サイドハーフで先発を果たす。またカメルーン戦はボランチで出場した中山雄太が、左サイドバックに入った。

 しかし、日本はカメルーン戦に続いて、攻撃が噛み合わない。アイントラハト・フランクフルトで昨季公式戦10得点を決めた鎌田大地が、その柔軟性を生かした突破からチャンスを作り出すものの、日本が目指しているはずの連動性のある攻撃をほとんど見せられない。

 そして森保一監督は、後半途中から南野拓実、原口元気、堂安律を投入して、攻撃にアクセントを付ける。

 しかしアーセナルFC所属のFWニコラ・ペペ、ACミランのMFフランク・ケシエらタレントの揃うコートジボワールに、劣勢を強いられる。鎌田が抜け出した決定機のみで終了するかと思われたアディショナルタイムだった。

 敵陣で遠藤航が得た直接FK。柴崎岳のキックを、ファーサイドから飛び込んだ植田がダイビングヘッドで合わせて、ゴールネットを揺らし、これが決勝点となった。

 森保監督は「大きな自信になりました。アウェーでコンディションのいい相手とこうして戦い、勝つ自信を得られ、今回貴重な経験になりました」と語った。また植田は「残り限られた時間で、使命は無失点に抑えることで、チャンスがあれば1点狙おうと思っていて、岳くんがいいボールを蹴ってくれました。この経験を生かし、また代表に呼ばれるように頑張ります」と“鹿島ライン”のゴールを喜んだ。

コートジボワール戦に臨んだ日本代表のイレブン。写真:日本サッカー協会/(C)JFA

注目記事:【日本代表】こんな布陣を見てみたい。久保建英と三好康児の共存へ様々な試行錯誤を。南野拓実との相乗効果は?

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads