×

【日本代表】予想布陣。ビーストの次はジャガーだ!好調な浅野拓磨を組み入れたい

(C)SAKANOWA

右MF、大迫勇也との2トップも…。コンディションによっては鎌田大地が控えか。

[W杯アジア2次予選F組] モンゴル – 日本/2021年3月30日19:30/フクダ電子アリーナ

 カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選F組、モンゴル代表戦対日本代表(SAMURAI BLUE)戦が3月30日、フクダ電子アリーナで行われる。新型コロナウイルスの感染状況を受けた特別措置で、今回モンゴルの「ホームゲーム」として、無観客にて開催される。

 最新のFIFAランキングは日本が27位、モンゴルが190位。4連勝中の日本は、勝てば2次予選突破が確実になる。一方、1勝5敗の最下位モンゴルはすでに2次予選敗退が決まっている。2019年10月10日に行われた日本のホームゲームでは、日本が6-0の勝利を収めている。

 日本は3月25日の親善試合・韓国代表戦で3-0の勝利を収め、中4日でこの一戦に臨む。大幅なターンオーバーも可能な状況だが、森保一監督は「大きく変更しない」と語っている。

「(初招集組など)心情的には使いたいです。公式戦であり、その中でチャレンジは忘れなくても、チームの軸をしっかり持って臨むように考えています」

 そのように日本代表の招集機会は限られ、中盤の顔触れも変わるなか、指揮官は最低限の交代にとどめたい意向を示す。

 また、システムは「韓国戦と同じ」4-2-3-1を基本的に考え、3-4-2-1への試合中の変更もあり得ると示唆。一方、「3バックもありかなと、いろんな考えが頭に浮かんでいます」とも口にしていた。

 韓国戦では鎌田大地が大事をとって、ハーフタイムに江坂任と交代している。もちろん問題なければ先発濃厚だ。しかしUEFA欧州チャンピオンズリーグ(CL)の出場圏内にある所属先のアイントラハト・フランクフルトでの戦いを考慮すると、状態によっては、ここでは無理をさせられない。

 アタッカー陣で期待したいのが浅野拓磨だ。パルチザン・ベオグラードでセルビア1部16ゴールを決めていて、「試合に出続けられることで、たとえ内容が悪くても修正して次に臨める」と“正”のサイクルを描けていると語る。鎌田とともに、今一番勢いにある日本人アタッカーなだけに、使わない手はない。

 日韓戦で伊藤純也が起用された右MF、あるいは鎌田が務めたトップ下、もしくは大迫勇也との2トップ――起用法はいくつか考えられ、このモンゴル戦で注目したい一人である。

 前日のU-24日本代表では“ビースト”林大地が渾身の一撃を決めて、東京オリンピックへの希望の灯をともした。今度は“ジャガー”浅野の番だ!

注目記事:日本人選手の市場価格トップ10。久保建英3位に。”初”の1位は23億4000万円あの選手!

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads