×

リバプールのクラブ事情により南野拓実が日本代表を離脱

南野拓実。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

15日のキルギス戦を残して。セルビア戦では82分までプレーし、勝利に貢献。

[キリンチャレンジカップ] 日本代表 1–0 セルビア代表 /2021年6月11日/ノエビアスタジアム神戸

 日本サッカー協会は6月12日、南野拓実がクラブ事情(イングランド・プレミアリーグ/リバプールFC)により、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選(兼 AFC中国アジアカップ予選)のキルギス代表戦(15日@パナスタ)のため活動を続ける日本代表(SAMURAI BLUE)から途中離脱すると発表した。

 南野は前日のキリンチャレンジカップ2021・セルビア代表戦で4-2-3-1の左サイドハーフとして先発出場。82分までプレーして、原口元気と交代していた。

 また、26歳になる日本代表の背番号「10」はプレミアリーグでは今年1月、リバプールからサウサンプトンFCに期限付きで移籍してプレー。新シーズンは、リバプールに復帰するのか、あるいはサウサンプトンで引き続きプレーするのか。または別のクラブに移籍するのか、去就が注目されている。

注目記事:【日本代表 採点】伊東純也に最高点「5」、唯一の低評価は…│セルビア戦

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads