×

フランクフルトFWアンドレ・シウバのライプツィヒ完全移籍が決定。次は鎌田大地!?

アンドレ・シウバがインスタグラム(@andresilva9)で、ライプツィヒ加入を報告。※インスタグラムより

昨季ブンデスリーガで、レヴァンドフスキに次ぐ2位の28ゴールを奪取。

 ドイツ・ブンデスリーガ1部RBライプツィヒは7月2日(日本時間3日)、アイントラハト・フランクフルトのエースストライカーであるポルトガル代表FWアンドレ・シウバを完全移籍で獲得したと発表した。契約期間は2026年6月まで5年間。

 鎌田大地、長谷部誠の所属するフランクフルトで、2020-21シーズン、リーグ32試合・28ゴールとチーム歴代最多得点を記録。バイエルン・ミュンヘンのロベルト・レバンドフスキ(41点)に次ぐ、得点ランキング2位に入った。

 アンドレ・シウバは次のようにコメントしている。

「RBライプツィヒでの新たな挑戦を心より楽しみにしています。クラブが掲げる大きな野心と目標の達成のため、力になりたいと思いました。そのためにも多くのゴールを決めます。私は最高のレベルでプレーしたいと思っていました――それはすなわち欧州チャンピオンズリーグを意味します。

 ライプツィヒでは常にCLを狙えるチャンスがあります。加えて、クラブのビジョン、ゲームの哲学に共感しました。またアイントラハト・フランクフルトには心から感謝しています」

 25歳のストライカーはEURO2020に臨んでいたため、一旦休暇をとり、7月中旬にチームに合流する予定だ。

 アンドレ・シウバには、スペイン1部を制したアトレチコ・マドリード、イングランド・プレミアリーグの名門マンチェスター・ユナイテッドなどが関心を示していたと言われる。そうしたなか、新エースを探していたライプツィヒと、今回あらゆる条件が合致した。

 フランクフルトは主力選手の退団が相次ぐことも想定される。日本代表MF鎌田大地もまた、プレミアリーグのトッテナム・ホットスパーFC、スペイン1部のセビージャFCなどが獲得を検討していると言われてきた。

 次は日本のトップ下が動くか――。

注目記事:【東京五輪】FIFA、サッカーの登録数「22人」に変更へ。不公平を是正

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads

×