×

スードゥヴァ本田圭佑がデビュー弾!9か国目リトアニアでのゴールいきなり達成、首位キープ!!

9か国目はリトアニア――。スードゥヴァへの加入記者会見を行った本田圭佑。※スードゥヴァの公式Facebookより

攻撃的MFで先発、1-0で迎えた後半途中に貴重な2点目を奪取!

[リトアニア1部 30節] スードゥヴァ 4-0 バンガ/2021年9月26日15:00(日本時間21:00)/ARVIフットボロ・アレナ

 ワールドカップ(W杯)に日本代表として3大会連続で出場しているMF本田圭佑( HONDA Keisuke )がリトアニア1部FKスードゥヴァ・マリヤンポレでのデビュー戦、FKバンガ・ガルグジュダイを相手にさっそくゴールを決めた。チームも4-0の勝利を収めた。

 攻撃的ミッドフィルダーで先発した本田は、髪の毛を金髪に染めてピッチに立つ。そして1-0とリードして迎えた64分、胸トラップから右足で押し込んで、貴重なチーム2点目をもたらした。

 このあと35歳のレフティは75分で交代に。

 さらに2点を追加したスードゥヴァが、4-0で快勝を収めた。

 スードゥヴァは19勝4分5敗(50得点・22失点)で、リトアニア1部リーグの首位をキープしている。

 本田はスードゥヴァの加入記者会見で、次のように抱負を語っていた。

「とても興奮しています。リトアニアは初めて来る国です。スードゥヴァはこれまで知らなかったクラブですが、リトアニア語も、新しいカルチャーも学びます。この新たなチャレンジにエキサイトしています。チャンピオンになりたい。このクラブ、スードゥヴァで。それだけでもここで戦う十分な理由だと思っています」

 スードゥヴァは1942年に発足したクラブ。2020シーズンは国内リーグ2位、さらにカップ戦もすべて準優勝に終わっていた。

 本田は1986年6月13日生まれの35歳。星稜高校から名古屋グランパスに進み、VVVフェンロ、CSKAモスクワ、ACミラン、CFパチューカ、メルボルン・ビクトリー、SBVフィテッセ、ボタフォゴFR、ネフチ・バクーでプレー。日本代表通算98試合・37得点。日本人初となるワールドカップ(W杯)3大会連続ゴールを記録している。また、カンボジア代表のゼネラルマネジャーとして、実質的な監督を務めている。

【注目記事】
・【市場価格付き】あと5日!工藤壮人、森本貴幸、塩谷司…Jリーグ獲得可能10人の日本人選手リスト、“掘り出しもの”も…

・【C大阪1-2鹿島】命運分けた「靴ひも」。上田綺世2ゴール逆転!東京五輪代表の同僚、瀬古歩夢との駆け引きで…

・【松本2-1北九州】J2残留争い勝点6を動かす誤審!?疑惑のシーン、前川はそもそもオンサイドか

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads

×