×

【FC東京】日本代表DF小川諒也が決意の一言。全治10週間の負傷を発表

トピックス・ニュース, Jリーグ

FC東京小川諒也

サカノワスタッフ

小川諒也。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

名古屋戦で早々に交代、左ハムストリングス筋挫傷。

 J1リーグFC東京は9月29日、同22日に行われた32節の名古屋グランパス戦(△1-1)で負傷したDF小川諒也について、チームドクターの診察の結果、左ハムストリングス筋挫傷で全治約10週と診断されたと発表した。

 この試合に4バックの右SBとして先発出場した小川は、33分に中村拓海と交代していた。

 日本代表にも選ばれる小川は今季リーグ30試合出場(2519分)・1ゴールを記録。タフさが求められるサイドバックで、しかも厳しい暑さのなか、11試合連続でフル出場を続けていた。

 小川は自身のSNSのツイッター(@Ryoya_ogawa)で、「元気な姿で帰ってきます!」と短い一言に決意を込めている。

 FC東京はリーグ13勝7分11敗(42得点・39失点)の勝点46で9位。10月2日はアウェーでの川崎フロンターレ戦、そのあとは6日と10日にルヴァンカップ準々決勝の名古屋グランパス戦が控えている。

【注目記事】
・【10/1最終日】J獲得可能リスト。テベス、カルー、塩谷司、工藤壮人…国内外の有力選手、駆け込み補強はあるか!?

・【【日本代表】スタメン予想。伊東出場停止の右MFは堂安有力。W杯アジア最終予選サウジアラビア戦

・日本代表の森保一監督を辛辣批評「過大評価された選手ばかり起用。まるでアジアのアルテタ」。豪州メディアがW杯最終予選の10月決戦を前に

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads

×