×

日本代表対サウジアラビア戦の中継、キックオフ時間は?カタールW杯アジア予選アウェーゲーム、DAZN独占配信

オマーン戦での日本代表MF柴崎岳。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

今晩25:30配信スタート、解説・水沼貴史氏、ゲスト・宮本恒靖氏。

[W杯アジア最終予選 B組3節] サウジアラビア – 日本/2021年10月7日(日本時間8日2:00)/キング・アブドゥッラー・スポーツシティ(ジッダ)

 カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のグループB第3戦、サッカー日本代表(SAMURAI BLUE)がサウジアラビア代表とアウェーで対戦する。FIFAランキングは日本26位、サウジアラビア56位。日本は1勝1敗、一方、サウジアラビアは2連勝中。

 

 このW杯アジア予選のアウェーゲームは、DAZNでの独占配信となる(今後はなでしこジャパン、男女各年代別のアジア大会も配信される)。

 サウジアラビア戦の地上波(民放・NHK)、衛星放送(BS / CS)による中継はない。

 DAZNでは前ガンバ大阪監督の宮本恒靖氏をゲストに招いて、水沼貴史氏が解説を務める。

 詳細は以下の通り。

■AFCアジア予選 – Road to Qatar –
10月7日(木) サウジアラビア vs 日本(DAZN独占配信)

[メインチャンネル]
配信開始 25:30(8日1:30)~、試合開始予定 26:00(8日2:00)

解説:水沼貴史氏 ゲスト:宮本恒靖氏 実況:下田恒幸氏
※試合開始は予告なく変更される可能性があります。
※編成上の都合によりメインチャンネルのみとなります。

 日本時間深夜に行われるサウジアラビア戦は、国内外のサッカーに精通し、サッカー初心者にもわかりやすい言葉選びに定評のある水沼貴史氏を解説に起用し、ゲストに元日本代表キャプテンの宮本恒靖氏を迎え、「真夜中のサバイバルマッチ」をお届けします。

◎宮本恒靖氏
「10月7日に行われるアジア最終予選、サウジアラビア代表対日本代表のDAZN中継にゲストとして出演することになりました。

 ここまで1勝1敗の日本代表にとって、この試合が持つ意味は非常に大きいです。2連勝と勢いに乗る相手とのアウェーゲームで非常に難しい試合になることが予想されるなか、試合のポイントは開始15分間の戦い方にあると思っています。

 もちろん先制できれば優勢に進められるでしょうし、そこでスコアが動かなかったり、仮に先制されたとしても、バタバタしないよう、ある程度の悪い状況を想定しておく。まずは立ち上がりをしっかりとマネジメントして試合に臨んでもらいたいところです。

 この試合は約3万人(※試合直前に上限なし6万人の動員が認められる)のアウェーサポーターに囲まれてのゲームになると聞いています。中東の大観衆は異様な盛り上がりを見せる傾向があり、選手間で声が通らないことや、普段と違う重圧を感じることがあるかもしれません。

 ただ、そういう時こそ選手同士で工夫してコミュニケーションを取ることが重要ですし、どんな試合展開になっても対応できるようにシミュレーションしておくことも大事になります。

 選手個々が持つ本来の実力を存分に発揮するためにピッチ内外で積極的にコミュニケーションを取り、日本代表としての覚悟、そして困難に打ち勝つための勇気を胸に戦ってもらいたいと思います。

 僕も日本代表OBとして応援しています。それでは10月7日、DAZNでお会いしましょう」

■日本戦以外も日本語付きで配信
AFCアジア予選 – Road to Qatar –全試合を配信するDAZNでは、同じく10月7日(木)27:30キックオフ予定の第3節、オーストラリア vs オマーンの一戦も日本語付きで配信します。解説は戸田和幸氏、実況は西岡明彦氏でお届けします。

【注目記事】
【日本代表】サウジ戦スタメン予想、南野の復帰有力、右MFは堂安それとも原口か

冨安健洋のアーセナル、20歳CBの“復帰プラン”浮上

【PHOTO STORY】安藤梢、猶本光、菅澤優衣香、遠藤優…浦和が大宮とのWEリーグ「さいたまダービー」を制す(15枚)

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads

×