×

【豪州メディア】日本代表のライバルは「オーストラリアではない」。必勝を誓う理由、それだけに…

オーストラリア代表のアーノルド監督(右)と岡山に所属するミッチェル・デューク。 (Photo by Mohamed Farag/Getty Images)

アーノルド監督と森保監督は現役時代、広島でともにプレー。

[カタールW杯アジア最終予選 B組4節] 日本 – オーストラリア /2021年10月12日19:10/埼玉スタジアム

 カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のグループB第4戦、日本代表対オーストラリア代表戦が10月12日に埼玉スタジアムで行われる。

 オーストラリアメディア『ロアー』は10月11日、「サッカルーズ(オーストラリア代表)は日本の最大のライバルではない。しかしアーノルド監督の選手たちが全てを変えてくれるはずだ」と題したレポートを掲載し、この試合を展望している。

 注目されるのが、両監督の対決である。オーストラリア代表のグラハム・アーノルド監督と日本代表の森保一監督は、97年から現役時代にサンフレッチェ広島でともにプレーしている。そしてアーノルド監督は2014年にベガルタ仙台を率いていて、森保監督のいた広島とも対戦している。

 まさに運命的な対戦――。アーノルド監督の日本代表戦への意気込みは相当だろう。

 そして同メディアは、この試合、もしも日本が負ければ森保監督の退任が「ほぼ確実だ」と見ている。そして今、森保監督が支持されていないことにも触れる。

 その一方で、このBグループ内では、日本(26位)とオーストラリア(32位)がFIFAランキングでは上位2チームであるものの、「日本は常に韓国と中国を、オーストラリアよりもはるかに大きなライバルと見てきた」と特筆している。

 それだけに今回、オーストラリアが日本を下せば、「そんな状況が一変するかもしれない」と見ているのだ。

 前回のロシアW杯アジア最終予選でも、日本はオーストラリアに1勝1分と負けていない。そして日本は1位突破、オーストラリアは3位でプレーオフに回り、W杯本大会の出場兼を掴んだ。

 それだけにアーノルド監督率いる豪州が今回、「打倒・日本」にかなり燃えているのは確かだ。

【注目記事】
【日本代表】ロサーノ監督招へいに「現実味」。リーガMX拒否…メキシコ代表を率いて森保ジャパンに勝ち東京五輪銅メダル

日本人選手市場価格ランキングTOP20。3位久保建英、2位冨安健洋、1位は…

【サウジアラビア戦 採点】柴崎岳ら3人に最低点「1」。冨安健洋ら及第点4人。日本代表はW杯アジア最終予選2敗目

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads

×