×

【浦和】モーベルグ、背番号は10か!「赤いドレスを着て満員の埼玉スタジアムでプレーするのが今から待ち遠しい」

ダヴィド・モーベルグ(David Moberg KARLSSON)。 (Photo by Victor Fraile/Getty Images)

インスタグラムでメッセージ。

 J1リーグの浦和レッズへの加入が決まったスウェーデン代表MFダヴィド・モーベルグ(David Moberg KARLSSON)が12月30日、自身のインスタグラム(@mobergkarlsson)を更新し、浦和のファンとサポーターに向けてメッセージを発信した。

 チェコ1部(フォルトゥナ・リガ)の ACスパルタ・プラハから完全移籍での加入が決定。27歳のウインガーは浦和のエンブレムとともに、次のように英語で綴っている。

「この新しい冒険にとてもワクワクしています。赤いドレスを着て、満員の埼玉スタジアムでプレーするのが今から待ち遠しいです。 間もなく、お会いしましょう / DMK #urawareds」

 そしてプロフィール欄には浦和の公式アカウントとともに、「#10」と記されている。レッズの新たな「ナンバー10」をつけることになりそうだ。

 気になるのが来日とチームへの合流だ。新型コロナウイルスのオミクロン株の流行により、日本政府は新規入国を停止している。その措置の期間は当初12月31日までとされていたが、さらに延長されることも決まっている。その規制が解除されるまで、入国日は「未定」だ。

  モーベルグは1994年3月2日生まれ、スウェーデン出身、27歳。179センチ・74キロ。これまでのキャリアは、IFKヨーテボリ(スウェーデン) ― サンダーランドAFC(イングランド) ― キルマーノック FC(スコットランド) ― FCノアシェラン(デンマーク) ― IFKノルシェーピン(スウェーデン) ― スパルタ・プラハ。スウェーデン代表として、国際Aマッチ3試合・1ゴールを記録している。

 2021-22シーズンは、チェコ1部13試合・2得点・2アシスト。UEFA欧州チャンピオンズリーグ(CL)予選4試合・2得点、ヨーロッパリーグ(EL)3試合・0得点。CL予選ではラピッド・ウィーン、ASモナコからゴールを決めている。

 チェコ1部リーグで出場した13試合のうち、右ウイングが10試合、左ウイングが3試合。2得点・2アシストはいずれも右サイドに入った時に記録している。

【注目記事】
「浦和にいてめちゃくちゃ幸せ」ユンカーが『神戸移籍騒動』について母国メディアに明かす

鈴木優磨が日本復帰?移籍先希望はドイツ、イタリア…。STVVのチームメイトへ伊藤達哉とともに「別れを告げる」

鳥栖の金明輝前監督、生々しいパワハラ行為。「前髪が長い」と平手打ち。殴る、はたく、蹴る、暴言も常態化。「ユースの頃、月1回程度は暴力を受けていた」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads