×

PSV堂安律、マインツ移籍へ「数日中に契約か」。選手側の条件クリア、あとは…

堂安律。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

移籍金は約6億8000万円か――。

 オランダ・エールディビジ(1部)PSVアイントホーフェンに所属している日本代表MF堂安律のドイツ・ブンデスリーガ1部1.FSVマインツ05への完全移籍が、合意に向けて近づいているようだ。すでに選手側の条件はクリアされていて、あとはクラブ間の交渉に託されたという。

 ドイツ最大部数を誇る大衆紙『ビルド』が5月5日に報じた。記事によると、昨季レンタルでプレーしていた堂安について、マインツは1年前から完全移籍での獲得に動いてきたといい、そして「ついに数日中に契約が成立するかもしれない」と報じている。

 同メディアの独自情報として、「選手側の事情は全てクリアされており、あとはアイントホーフェンへの移籍金が問題となっている。移籍金はおそらく400万ユーロ(約5億5000万円)から500万ユーロ(約6億8000万円)になるだろう」ということだ。

 1年前にマインツは買い取りオプションを行使しなかったものの、ついに堂安獲得の目処が立ったそうだ。

 その資金は今冬、ジャン=フィリップ・マテタをイングランド・プレミアリーグのクリスタル・パレスFCに売却した資金(約12億円とも言われる)、さらに今後予定されるジェレミア・サン・ジュストの売却益が充てられる。

 マインツは現在リーグ12勝6分14敗の勝点42で9位。奥川雅也が31試合・8得点・1アシスト、公式戦通算33試合・9得点・2アシストと活躍している。

 また、堂安はPSVでリーグ22試合・7得点・1アシスト、公式戦通算37試合・10得点・3アシストを記録。クラブとは2024年6月まで契約を結んでいる。

【注目記事】
セビージャが鎌田大地の獲得を検討「モンチが日本人選手をフォロー」

セルヒオ・ラモスが移籍先を日本とマイアミに絞る?鍵を握るのは家族の意向か

【サッカー日本代表】パラグアイ代表、ブラジル代表戦のチケット、5/7先行販売開始。5/14から一般販売

Ads

Ads