×

ガンバ大阪が過去最大の厳罰処分、サポーターグループ全員「無期限入場禁止」。セレッソとのダービーで威嚇・侮辱・試合妨害行為

ガンバ大阪のサポーター(2019年10月撮影)。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

ヨドコウ桜スタジアムで1-3敗戦、物を投げ込んだ2人も入場禁止に。

 J1リーグのガンバ大阪は5月24日、21日にヨドコウ桜スタジアムで開催されたJ1リーグ14節のセレッソ大阪戦(●1-3)で、重大な観戦ルール違反行為が認められたとして、物を投げ込んだ2人、さらに威嚇行為・侮辱行為・試合運営妨害により当該サポーターグループ全員に対し、アウェーを含む無期限の入場禁止処分を下した。クラブとして、過去最大の厳罰処分が下された。

 クラブは「今回のガンバ大阪サポーターならびにサポーターグループによる観戦ルール違反行為について、Jリーグで定める統一基準に照らし合わせ、以下の処分を決定し、通告しました」として公式サイトで報告している。

▼事案1
【違反行為】
・危険行為(スタンド内投げ込み及びフィールドへの投げ込み行為)
・試合運営妨害

【処分内容】
観戦ルール違反行為を行った2人に対して無期限入場禁止(2022年5月25日~)
※ガンバ大阪のアウェーゲームを含む

▼事案2
【違反行為】
・威嚇行為 ・侮辱的行為 ・試合運営妨害

【処分内容】
観戦ルール違反行為を行った当該サポーターグループに所属するメンバー全員に対して無期限入場禁止(2022年5月日25~)
※ガンバ大阪のアウェーゲームを含む

[クラブの声明]
今回の違反行為を受け、ガンバ大阪として「安心・安全な試合運営」のため、セキュリティ体制の強化や観戦ルールの周知をより徹底してまいります。ファン・サポーターの皆様におかれましては、観戦における禁止行為について今一度ご確認いただき、定められた観戦ルールを遵守してご観戦いただきますよう、ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。 ※アウェーゲームにつきましては、ホームクラブの定める観戦ルールに従って頂きますようお願い申し上げます。

【注目記事】
セルティックが日本人5選手リストアップか。浦和の伊藤敦樹、FC東京の小川諒也、広島の森島司、G大阪の…

タイムリミット5/31、板倉滉のシャルケ完全移籍は「とても不確実」。内田篤人以来の真シャルカー誕生は!?

【神戸】三木谷会長“続投宣言”「正直僕がマイナスなのかなと思ったが…」「このクラブが家」「格好悪くてもいい、戻ってきました」

Ads

Ads