時速36キロ!宮市亮が戦列復帰も、契約満了!?ザンクトパウリは“ロケット砲”起用へ慎重な姿勢

ザンクト・パウリの宮市亮。(Photo by Stuart Franklin/Bongarts/Getty Images)

通算76試合・8得点・9アシストと実績は十分なのだが。

 ドイツメディア『ビルド』はこのほど、ドイツ・ブンデスリーガ2部のザンクト・パウリに所属し、ケガで長く戦列を離れていたFW宮市亮が全体練習のメニューをこなせるまで回復したと報じた。

 宮市は昨年6月にヒザを負傷。それから約10か月、試合に出場できずにいる。同メディアで、宮市は次のように手応えを得ているとコメントしている。

「やっと再びサッカーがプレーできました。僕はチームでみんなと一緒にできるようになったことが、とても嬉しいです。こんなにかかるとは思いませんでした」

 ヒザは治ったものの、そこから影響して、恥骨部の炎症、左ふくらはぎなども傷め、やっと戻ってきたのだという。ティモ・シュルツ監督は「亮の時速を知っているか? 36キロだ」というコメントも紹介。そのミヤイチロケット砲が再び放たれると期待を寄せる。

 しかし、今シーズンこのあとの2部リーグで、宮市が起用されるかどうかは分からない。スポーツダイレクターのアンドレアス・ボルネマン氏も「予測することは難しいです」と慎重を期す。

 宮市とザンクトパウリの契約は今シーズン末まで。そのあと契約延長するかどうかは未定である。

「私たちはオープンに話し合うことに決めています。元気な亮が並外れた能力を有していることは間違いありません。ただ、ここ数年はコンスタントにプレーできていません。理想的な計画にはなりませんでした」

 そのようにボルネマン氏は語っている。

 ドイツ2部リーグでは通算76試合・8得点・9アシストを記録していて、実績は十分だ。10代から規格外として注目を集めながら、繰り返されるケガで、なかなかシーズンを通じてプレーできずにいる。日本代表でもプレー経験のある28歳のウインガーは、その高速アタックで自身の道を切り開くことができるか。

注目記事:日本人選手の市場価格トップ10。久保建英3位に。”初”の1位は23億4000万円あの選手!

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads