×

【浦和】ユンカーがMLSと中国からの打診一蹴!レッズと2024年まで契約延長か

浦和のキャスパー・ユンカー。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

同郷のFWミケール・ウーアの移籍も関係?

 J1リーグ浦和レッズのデンマーク人FWキャスパー・ユンカーが、2024年まで契約延長したようだ。デンマークメディア『BT』が1月23日に報じた。

 記事によると、同メディアの独自情報として、昨季FKボデ/グリムトから加わりチーム公式戦最多16ゴールを決めた新エースストライカーが浦和との契約を更新したとのことだ。メジャーリーグサッカー(MLS)の強豪フィラデルフィア・ユニオンが、ユンカー獲得を検討していたが、デンマークリーグのブレンビーIFに所属する27歳の同国代表FWミケール・ウーアとの交渉成立が近づいた。それが今回の“サイン”の背景にあると見ている。

 そして、フィラデルフィア、さらには中国リーグのクラブが「ユンカーに目をつけて接触していたが、獲得するための資金を捻出できなかった」ということだ。

 これまで、イタリア・セリエAのジェノアCFCとUCサンプドリア、フランス1部リーグのFCナントが、この27歳の左利きのストライカーに対し「関心を示している」と報じられてきた。さらにヴィッセル神戸からはオファーもあったと言われる。

 現地インタビューでユンカーはこれまで移籍を繰り返してきただけに一度腰を据えてプレーに集中したいとも語っていた。その意思も尊重されて、浦和との新たな契約の合意に至ったようだ。

 日本でシーズン開幕から迎えるのは初めてとなる。その気迫のこもった仕掛けや多彩なフィニッシュワークから、昨季以上のゴールへの期待も高まる。そして今年こそは、まず埼スタでの大観衆の声援をレッズの7番に届けたい。

【注目記事】
中国代表の帰化選手、空港ベンチ泊の14時間待機。「敬意がない」アロイージオが協会に怒り爆発。W杯アジア最終予選:日本代表戦に向けて

・・【日本代表 スタメン予想】主力不在のCBは「谷口彰悟+板倉滉」を軸に候補は3パターン。植田直通にもチャンス!中谷進之介が食い込むには…W杯アジア最終予選 中国代表戦

「浦和にいてめちゃくちゃ幸せ」ユンカーが『神戸移籍騒動』について母国メディアに明かす

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads