×

【浦和】ACL韓国の全北現代戦と決闘!岩尾憲「ラグビーやアメフトをするのではない。サッカーでしっかり上回る」

ACLパトゥム戦でフル出場した浦和の岩尾憲。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

アジア東地区のクラブ代表を決める大一番。今日25日19時30分、埼スタでキックオフ!

[ACL 準決勝] 全北現代 – 浦和/2022年8月25日19:30/埼玉スタジアム

 AFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝(ベスト4)、浦和レッズ(日本/J1リーグ)対 全北現代モータース(韓国/Kリーグ1部)の一戦(1回戦制)が8月25日、埼玉スタジアムで行われる。勝者は来年2月に行われる西地区代表との決勝(ホーム&アウェーの2回戦制)にコマを進める。

 浦和のボランチ岩尾憲は、ラウンド16のジョホール・ダルル・タクジム戦(〇5-0)、準々決勝のタイ1部BGパトゥム・ユナイテッド戦(〇4-0)で、いずれもフル出場。パトゥム戦ではCKのキッカーとして岩波拓也のゴールをアシスト。全北現代戦でピッチに立てば、中2日で3試合目をこなすことになる。

 岩尾は22日のパトゥム戦のあと、「勝つことだけでなく、勝ち続けることを自分のテーマにしているので、このまま進んでいきたいです」と語り、こうして“ホーム”埼スタで迎えた重要なステージで、司令塔として戦える責任と喜びも口にした。

 ポテンシャルのある東南アジア勢2チームに勝利を収め、34歳のボランチは手応えを得つつも、この“少しずつの進化”を継続することの重要性を強調していた。

「ボールを滞りなく動かせている感覚はあります。ただ忘れていけないのは、これまでにたくさんの失敗をしてきたこと。そのうえで少しずつ良くなっています。この精度を高め、精査し、そうすれば自分たちの優位性のあるフットボールはできていくと思います」

 東地区の代表決定戦となる準決勝の対戦相手は全北現代に決まった。準々決勝のヴィッセル神戸戦ではタフに延長戦の末、3-1の逆転勝利を収めた。Kリーグでも2位につけている、やはり強豪である。そして、肉弾戦に持ち込まれると苦しいのでは――。そんなニュアンスの問いに、岩尾はこう言った。

「そこを含め、難しい試合になる、という言い方ができるかもしれません。とはいえ、ラグビーやアメフトではなくサッカーをするので、サッカーでしっかり上回れるように、コンディションも気持ちの面も含めて準備したいです」

 2試合続けて延長120分間を戦い切っている全北現代はどのような試合の入りをしてくるのか。それに対し、浦和は出方を見て挑むのか、最近のいい流れに乗って隙あらばどんどん先手を打っていくのか。

 この2試合、浦和は前半のうちにゴールできているが、全北現代はいずれも後半に入ってから試合が動いている。そのあたりも、どのように影響するか。

 そしてその激しい攻防のなかで、岩尾の振るう熱いタクトが浦和を勝利へと導くはずだ!

【注目記事】
FC東京の品位を落とす。レアンドロが繰り返す悪質な顔面殴打、清水戦の後藤への張り手は「レッドカードに該当」

【浦和】日本代表DF酒井宏樹がモーベルグと好連係「感覚が欧州的で合う」。ジョホール下しACLベスト8進出!

VAR確認中の主審への囲い込み“威圧”に「対話できず事が進まなくなってしまう」。JFA審判部が選手に協力を求める

Ads

Ads