×

クラブW杯のアジア代表はアル・ヒラルに決定か。東地区“王者”浦和の可能性もあったが…「AFCがノミネート」

クラブW杯の日程が正式決定。浦和の出場は!? 写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

最終決定はFIFAからの招待状。

 AFC(アジアサッカー連盟)は12月23日、2023年2月1日から11日まで開催される「FIFAクラブワールドカップ2022」のアジア地区代表チームについて、前回AFC(アジアチャンピオンズリーグ)優勝チームであるサウジアラビアのアル・ヒラルをノミネートすると決めた。正式に決まれば、2大会連続での出場となる。

 AFCはその理由について、次のように説明している。

「AFCチャンピオンズリーグ2022が、FIFAクラブワールドカップ2022のあとに終わることを考慮し、競技委員会は、前回アジアクラブ王者であるサウジアラビアのアル・ヒラルを次回クラブ・ワールドカップのAFC代表としてノミネートすることに合意した」

 東地区はすでに準決勝を終え、浦和レッズがファイナル進出を決めている。カタール・ワールドカップ(W杯)開催のため、西地区の決勝ラウンドが2月開催になっていたため、ファイナルは当初2月を予定、このクラブW杯開催を受けて、さらに5月に延期された。

 関係者によると、これまでにFIFA(国際サッカー連盟)から浦和にクラブW杯参加のための問い合わせがあったという。そのためACL2022の東地区“王者”となっている浦和がクラブW杯に出場する可能性も浮上していた。

 そこからの話し合いを経て、アル・ヒラルを推挙することで一致したようである。

 最終的にはFIFAからの招待状が届いての“決定”となる。

 すでに決まっている出場チームは、レアル・マドリード (スペイン)、CRフラメンゴ (ブラジル)、シアトル・サウンダーズ FC(アメリカ)、ウィダード・カサブランカ (モロッコ)、アル・アハリ(エジプト)、オークランド・シティ (ニュージーランド)。

 クラブW杯は、今回が7チーム制で開催される最後の大会になる。FIFAは2025年から32チーム出場で4年ごとに行っていくという新方式を発表している。

【ACLの関連記事】
2024-25から、ACLが「3層」大会に移行へ。外国籍選手枠も撤廃。AFC「2009年以来の重要な改革」発表

【浦和】元U-21ノルウェー代表DFマリウス・ホイブロテンにオファーか。移籍金は約1億4000万円

クラブW杯は来年2/1開幕? アジア代表で浦和が出場か「レアル・マドリードの日程を尊重」

Ads

Ads